スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音信不通について思う:その3 ありがとうを伝えたい

Category : 文通について諸々
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

音信不通に関する過去記事
音信不通について思う:その1 そもそも音信不通とは
音信不通について思う:その2 自分は相手を受け入れる

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


今度は、自分が文通をやめたいと思うときにはどうするか、について書きたいと思います。
この記事は、「今後、文通をしている相手と文通を終わらせたいとき」という
前提のもと、書きたいと思います。
(過去の文通については触れないということです)

今、文通をしている方は、(封書のやり取りのみでカウントすると)5名。
うち2名が実際の知り合いで、あと3名は文通掲示板やSNSで文通相手を募集されていた方。
うち2名は、私と同じ0歳の赤ちゃんが居るので、育児について結構濃く話しています。
あとの3名の方は、趣味の話やその日あった他愛もない出来事をのんびりと。
どの方とのやり取りもとても楽しいです。
ありがたいです。
できれば長く続けたいな・・・と思っています。

もし、万が一、そんな方々と文通をやめなくてはいけないという
状況になってしまったら、私はどうするのか・・・。
・・・多分、まずはちょっと落ち込みます
そして、可能な限り、音信不通可な方、不可な方ともに、ご連絡をいれる予定です。
その時の状況に応じてメールだったり封書だったりすると思います。

内容は、今までたくさんお話してくれたこと、忙しい時間を割いて私にお手紙をくれたこと。
その他たくさんの感謝の思いを込めて、今までありがとうございました、という気持ち。
それから、私の個人の勝手な事情でお手紙のやり取りができなくなってしまうことのお詫び。
その方がこれからも元気で居るように祈っていること。
多分、こんな感じかなあ。
なんか想像したら寂しくなってしまいました・・・が、
とにかく、文通をやめなくてはいけなくなった時点でその時の気持ちを素直に
お伝えしたいと考える
だろう、と思います。

多分、もしその時何らかの通信手段があるなら、音信不通にはしないと思います。





音信不通について思う:総括

今までの記事をまとめると、文通をやめるときに私がどうしたいかについては下記の通りです。

相手がやめたくなったら
相手の思う通りのやり方にしてもらって構わない。
きっちり終止符を打ちたければ、お断りのお手紙を書いていただいて構わない。
もし、それがやりにくいなら、音信不通でも構わない。

自分がやめたくなったら
可能な限り連絡をするようにする。


なお、これは、現時点での考えです。
今後、文通の状況や価値観の変化によって、考えが変わることもあると思います。



また、一番最初の記事にも書きましたが、音信不通に関する今回の一連の記事は、
あくまで、「私個人の考え方・感じ方」であって、
決して他の方の考えを否定するものではありません。

私と見解が異なっていても、今までいろいろな文通経験から、
そのように考えるようになったわけですので、
どういう考え方が良い・悪いというものは存在しないと思っています。
ただ、文通をするときに、文通の終わり方について、
相手と考え方が類似していた方がうまく行くことが多いというだけだと思っています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

イオ

Author:イオ
こんにちは、イオです。
文通・手紙・手作り封筒が好きです。
特に手作り封筒を使って文通するのが
大好き。

このブログを通して、文通好きの方と
たくさんお話しできればいいな♪と
思っています。

初めてお越し下さった方は、よろしければ、
http://letterlife.blog137.fc2.com/blog-category-5.html
をご覧いただけますと幸いです。
当ブログについて、簡単に
説明しております。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram
blogram投票ボタン
最新コメント
最新トラックバック
グーバーウォーク
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。