スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音信不通について思う:その1 そもそも音信不通とは

Category : 文通について諸々
文通相手募集掲示板で、応募者がよく書いている事項の一つに、
「文通を終了したいときに音信不通で終わらせることについて」書いてあることが多いです。

今回は、この音信不通について思うことを書いていきたいと思います。
最初の記事は、音信不通とは?について簡単にまとめます。


あくまで、「私個人の考え方・感じ方」であって、
決して他の方の考えを否定するものではありません。
私と見解が異なっていても、今までいろいろな文通経験から、そのように考えるようになったわけですので、
どういう考え方が良い・悪いというものは存在しないと思っています。
ただ、文通をするときに、文通の終わり方について、相手と考え方が類似していた方が
うまく行くことが多いというだけだと思っています。


------------------------------------------------------------

「音信不通」とは 
これから文通を始める方へのまめ知識
※あくまで私の解釈です

文通における音信不通とは、文通をしていて、なんらかの理由によって
文通を続けられなくなったとき、文通を終わらせる(あるいは文通が終わってしまう)方法の一つ。

文通が終わる理由は、さまざまあり、相手と相性が合わないことや、
相手や自分の生活が変化したり、病気で入院するなど不可抗力により
文通を続けられなくなるといったことが考えられるが、
そういった理由を相手に告げずに、手紙を書くのをやめることで
文通を終了させる(あるいは文通が終わってしまう・止まってしまう)。

音信不通は、文通をやめたくて「故意に」手紙を出さない場合と、
故意ではなく不可抗力で手紙を出せない場合がある。

相手が文通終了時に連絡を必要とする場合、音信不通は避けた方がよいが、
おそらく強制力はない。
また、相手から長期にわたり、連絡が来なくても、
気にしない方が精神衛生上よいと考えられる。

一般的に、文通終了時の音信不通可否については、文通相手掲示板で
募集者が募集文に明記していることが多い。
また、音信不通の可否について、文通開始時に確認できるとベターと考えられる。

------------------------------------------------------------

音信不通の定義をまとめた後で、音信不通の良い点、悪い点を簡単にまとめました。
(メリット・デメリットという表し方が適切かどうかは脇に置いておいて)

音信不通のメリット
 相手に告げにくい理由で文通をやめたいとき、それを相手に知らせなくて済む
 手紙を書いている時間・余裕がなくても、手紙を書かないことで
  文通終了(あるいは休止)の意思・意図を示すことができる
 文通終了の理由がお互いに嫌な理由である場合、それを「手紙」という形に残さなくて済む
都合の悪いことを曖昧にしてしまうことができる

音信不通のデメリット
 文通が終わっているのか待ち状態なのか分からないため、相手がずっと待ってしまう
 返事が来ない=相手が事故や病気なのではないか?と心配になってしまう
 文通を辞めたい理由が分からず、相手が悩んでしまう
曖昧な状況にモヤモヤした気分のまま、悩んだり落ち込んだりすることがある


こうしてみると、音信不通は、
する側にはメリットが多いのですが、される側にはデメリットが多いのでは?
どちらか一方がデメリットを受け、嫌な思いをするのであれば
音信不通しないで欲しいと思う人が多いことについては納得です。


長いので、明日以降続きます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

イオ

Author:イオ
こんにちは、イオです。
文通・手紙・手作り封筒が好きです。
特に手作り封筒を使って文通するのが
大好き。

このブログを通して、文通好きの方と
たくさんお話しできればいいな♪と
思っています。

初めてお越し下さった方は、よろしければ、
http://letterlife.blog137.fc2.com/blog-category-5.html
をご覧いただけますと幸いです。
当ブログについて、簡単に
説明しております。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

blogram
blogram投票ボタン
最新コメント
最新トラックバック
グーバーウォーク
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。